ページの先頭です

初診から治療まで

初診

完全予約制です。お電話にてご予約の上、受診してください。
初診の際は、症状を知っている家族やベッドパートナーが同席されると更に良いでしょう。

診察の様子
診察の様子
予約室
予約室

検査

睡眠時無呼吸症候群であるかどうかを診断する終夜睡眠検査を行います。
補足的に日中に他の検査を行うこともあります。終夜睡眠検査の主な検査項目は以下の通りです。

  1. 呼吸の状態:いびきや無呼吸があるか?無呼吸の回数や長さはどれくらいか?など
  2. 脳波の状態:睡眠障害があるのか?深い睡眠がとれているか?など
  3. 血中の酸素飽和度:無呼吸があった場合、酸素飽和度がどれくらいまで下がっているか?
  4. その他:心電図など

詳しくはこちら(どんな検査?)

診断

問診と終夜睡眠検査等の結果から、医師が診断します。

治療

睡眠時無呼吸症候群には現在3つの治療方法があります。そのうち、医師が最適と考える治療方法を提案します。

  1. CPAP(持続陽圧呼吸)
  2. マウスピース(歯科装具)
  3. UPPP(耳鼻科的手術) その他、減量など

それ以外の睡眠障害に関しては、医師とご相談ください。